元 山形大学地域教育文化学部 地学研究室

川辺の地学研究室での研究

 川辺の地学研究室でおこなっている研究を紹介します.

2019年04月29日更新

元 山形大学地域教育文化学部 川辺孝幸
HomePage: https://k-es.org/
E-mail: kawabe@jan.ne.jp


 川辺の地学研究室では,安全・快適な住環境の土台となる,表層地質の解析や成り立ち,崩壊・地すべり・河川洪水・土石流災害,断層活動等の災害にかかわる基礎的研究をおこなっています。

地震地質関連

堆積学・土石流・洪水災害関連

構造地質学関連

Technology
    地層の詳細な観察
    • 川邉孝幸(2007)地質現象の高解像度観察について−剥ぎ取り転写法と地層博削剥機による3次元観察−.山形応用地質,27,58-63.
    • 川辺 孝幸(2006) 露頭を教室に−OH1-Aによる露頭の剥ぎ取り転写について−.環境地質学シンポジウム論文集,16,139-142.
    損傷痕の詳細な観察
    • 川邉孝幸・風岡 修・古野邦雄(2010)2007年新潟県中越沖地震による柏崎市の地盤沈下観測井に残された変位波形記録の解析.環境地質学シンポジウム論文集,20,271-276.
        観測井のダイヤルゲージとデジタル変位計の針を乗せているステンレス製プレート(長さ10cm,幅4cm)の表面に残されている無数の明瞭な擦痕から,地震動の解析をおこなっている.三眼双眼実体顕微鏡やカメラの接写などで写真撮影を試行錯誤している.
         顕微鏡対物レンズを含む各種レンズを使っての撮影では,異なるマウントのレンズやリバースマウントでの接写の試みには各種アダプターが必要になるが,市販のパーツをそのままか組み合わせて利用するか,あるいは加工して,レンズをマウントして試行錯誤中である(マントアダプタ等接写用品はDiscoverPhoto,ステップアップ/ダウンリングは青木カメラが品揃えが豊富で入手が容易).

戻る